レオパレス21を借りるなら立地にこだわって!

レオパレス21は、1人暮らしするのに最低限必要な家具家電が揃っているので結構オススメです!
上京して一人暮らしということだと、まずはレオパレスに住んでみて、足りないものを少しずつ買い足していく感じがいいのではないかと思います。

 

家具や家電を引っ越し先に持って行くと、引っ越し料金だけでもかなりかかるので。
引っ越し料金を節約するという意味でも、レオパレス21を選ぶのは良い選択です。

 

デメリットは、家具や家電のクオリティが低めということでしょうか。
快適さを求めるのなら、自分好みの家具家電を揃えるべきです。
備え付けの家具なので文句を言うわけにもいきませんが、1年以上レオパレスに住むなら少しずつ買い足していくといいでしょう。

 

もう一つのデメリットは、壁が薄いこと。
アパートは基本的に壁が薄いところがほとんどですが、レオパレス21はことさら壁が薄いように感じました。
学生時代に、2~3回利用したことがありますが、どの建物も壁は薄かったです。
隣の部屋の物音はもちろん、大きな咳払いやテレビの音なんかも聞こえてしまいます。
家にいる時間が長い人は、気になってしまうかもしれません。

 

レオパレス21は立地による家賃の差が小さめなので、便利な場所にある物件を選ぶようにしましょう!
便利な物件はすぐに満室になってしまうので、きになる部屋を見つけたら早い段階で相談しておくといいと思います。
空き次第連絡をもらう、という感じですね。

 

とはいえ、住み替え手続きも簡単なので気に入らなければ「即引っ越し」もありだと思いますよ。